スマリッジとパートナーエージェントの共通点や違いをわかりやすく解説!

スマリッジとパートナーエージェントの共通点や違いをわかりやすく解説!
悩める女性

結婚相談所の『スマリッジ』と『パートナーエージェント』はどっちがいいのかな?
自分に合う結婚相談所が知りたいです。

 

『スマリッジ』と『パートナーエージェント』は、どちらも人気の結婚相談所ですが、具体的に何が違うのか分からない人も多いはず。

 

一口に結婚相談所といっても、費用やサポートは会社ごとに全く違うので、しっかりと把握しておきたいですよね。

 

ということで今回は、8つの項目で両社を徹底比較してみました!

 

YUKA
その結果、私のおすすめは下記の通りです。

 

なるべく費用を抑えて、気軽に真剣に結婚相手を見つけたい
スマリッジ

少しお金をかけても、サポートしてもらって二人三脚で結婚を叶えたい
パートナーエージェント

 

スマリッジとパートナーエージェントは、婚活スタイルがだいぶ異なるので、自分にはどちらが合うのか判断しやすいと思います。

 

最後まで読んでいただくと、両社の違いが詳しく分かり、どちらに入会するべきか明確になりますよ♪

 

ペアーズエンゲージとパートナーエージェントの基本情報

スマリッジとパートナーエージェントの基本情報から見ていきましょう。

 

スマリッジの基本情報

スマリッジメイン画像

スマリッジの基本情報
運営会社SEモバイル・アンド・オンライン株式会社
会員数
(紹介可能人数)
約55,000名
登録料 / 
入会金
6,600円
月会費通常プラン:9,900円
プレミアムプラン:16,500円
成婚料0円
お見合い料0円(毎月8件まで)
※9件目以降1,100円/1件
独身証明書取得サポート2,200円(プレミアムプランは無料)
年齢層男性:20〜40代
女性:20〜30代前半
証明書提出身分証明書 / 独身証明書 / 収入証明書 / 学歴証明書 / 資格証明書
対応エリア全国
目的婚活向け
成婚退会までの平均活動期間5.4ヶ月(半年以内)
キャンペーン» 10月19日(火)まで10月の月会費と書類取得サポートが0円
もっとみる

 

スマリッジ』は上場会社のグループ会社であるSEモバイル・アンド・オンライン株式会社が運営しているオンライン結婚相談所です。

 

入会から成婚までオンライン上で完結し、スマホ1つで結婚相手を見つけられる手軽さが魅力です。

 

婚活中の方を対象としたアンケートで、3つのNo.1を獲得しており人気急上昇中!

 

滅多にキャンペーンを行わないスマリッジですが、今なら期間限定キャンペーン中で、かなりお得に入会できますよ。

 

 

パートナーエージェントの基本情報

パートナーエージェントメイン画像

パートナーエージェントの基本情報
運営会社株式会社パートナーエージェント
会員数
(紹介可能人数)
30,459名 2021年2月1日時点
登録料 / 
入会金
33,000円
初期費用33,000円〜
月会費14,300円〜
成婚料55,000
お見合い料0円
年齢層30代〜40代
証明書提出本人確認書類 / 独身証明書 / 収入証明書 / 学歴証明書 / 資格証明書(国家資格保有者のみ)
対応エリア全国24店舗(オンラインあり)
キャンペーンU29プラン、シングルマザー応援プラン、30・31歳応援プラン
もっとみる

 

パートナーエージェントは、2006年にサービスを開始した成婚率業界No.1の結婚相談所です。

 

独自開発の診断や婚活プログラムがあり、他社にはないノウハウで結婚までをサポートしてくれます!

 

自分1人ではなく、アドバイザーと二人三脚で結婚を目指すようなイメージです。

 

全国に24店舗あり、基本的には店舗でサポートを受けるスタイルですが、外出自粛をきっかけに外出自粛をきっかけにオンラインでも婚活ができるようになりました。

 

 

スマリッジとパートナーエージェントの共通点

スマリッジとパートナーエージェントの共通点

 

スマリッジとパートナーエージェントには、2つ共通点があります。

 

  • オンラインで婚活できる
  • コネクトシップに加盟している

 

オンラインで婚活できる

スマリッジもパートナーエージェントも、入会からお相手探し、お見合い、サポートまで全てオンラインで婚活ができます。

 

パートナーエージェントは、店舗でサポートを受けるプランがメインですが、新たにオンライン専用のプランが出来ました。

 

オンラインプランについては「【他社比較あり】パートナーエージェントオンラインってどう?【サービスはそのまま】」に詳しくまとめていますので、参考にしてください。

 

YUKA
スマリッジはオンライン特化ですが、パートナーエージェントはオンラインと店舗でのサポートを選ぶことができますよ。

 

コネクトシップに加盟している

2つ目の共通点は、『コネクトシップ』に加盟していることです。

 

コネクトシップとは他社の結婚相談所会員とも出会える会員相互プラットフォームのことで、出会いのチャンスが多いのが特徴です。

 

コネクトシップ加盟の結婚相談所

  • パートナーエージェント
  • スマリッジ
  • ゼクシィ縁結びエージェント
  • ペアーズエンゲージ
  • エン婚活エージェント
  • マリックス
  • NOZZE
  • 官公庁マリッジ
  • Kマリアージュ
  • NNR(日本仲人連盟)
  • 一般社団法人日本結婚相談協会(JBA)
  • 全国仲人連合会

 

自社会員だけではなく、上記の結婚相談所の会員とも出会えるということになります!

 

YUKA
つまり、スマリッジにいながらパートナーエージェントの会員とも出会える、ということなんです。
なんだかお得な感じがしますよね。

 

スマリッジとパートナーエージェントを比較

スマリッジとパートナーエージェントを比較

 

両社の特徴を、表にまとめてみましたので、ご覧ください。

 

スマリッジパートナーエージェント
費用とても安い高い
サポート電話、メール、ビデオ面談対面、メール、電話(チャット)
紹介可能人数約55,000名30,459名
紹介数(1ヶ月)通常プラン:最大4名
プレミアムプラン:最大6名
2〜8名
お申し込み数(1ヶ月)10名5〜15名
メインの年齢層男性:20〜40代
女性:20〜30代前半
30代〜40代
会員の特徴大卒6割以上
男性の66.5%は年収500万円以上
男性の74.7%、女性の68.4%が大卒以上
実績
  • 入会から初お見合いまで平均1ヶ月
  • 成婚退会までの活動期間平均5.4ヶ月
  • 1年以内に成婚した人65.6%
  • 成婚率27%
保証内容3ヶ月間お見合いが成立しなければ全額返金保証3ヶ月以内に出会いがなければ登録料を全額返金

 

ここからは、それぞれの項目を詳しく比較していきます!

 

費用で比較

スマリッジとパートナーエージェントのオンラインプラン(プレミアムコース)で費用を比較すると、スマリッジの方が安いです。

 

スマリッジパートナーエージェント
(オンラインのプレミアムコース)
入会費(登録料)6,600円

11,000円

初期費用0円

57,200円

月会費通常プラン:9,900円
プレミアムプラン:16,500円
14,300円
お見合い料通常プラン: 9件目以降1,100円/1件
プレミアムプラン:0円
0円
成婚料0円55,000
年間トータル費用通常プラン:125,400円294,800円

※税込表示です。

 

スマリッジには通常プランとプラミアムプランがありますが、どちらも初期費用や成婚料がかからないので、パートナーエージェントよりも格段に安く利用ができます。

 

年間トータル費用でみると、スマリッジはパートナーエージェントの半分以下です。

 

YUKA
スマリッジがここまで安いのは、店舗を持っていない分、家賃や光熱費などの経費がかからないことが大きな理由です。

 

なるべく費用を抑えたい方は、スマリッジが良いですね!

 

スマリッジの料金プランについては、「スマリッジの料金プランを解説!お得に入会するタイミングはいつ?」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

 

パートナーエージェントの店舗プラン

パートナーエージェントに従来からある基本的なプランもご紹介しますね。

 

店舗でサポートを受けたい方は、以下のプランに入会する必要があります。

 

コンシェルジュライトコンシェルジュエグゼクティブ
※首都圏/名古屋/関西限定プラン
初期費用33,000104,500円242,000円~
月会費14,300円
(エリアⅡ 12,100円)
18,700
(エリアⅡ 15,400円)
26,400円~
登録料33,000円33,00033,000
成婚料55,000円55,000円55,000円

 

オンラインプラン(プレミアムコース)よりも費用がさらに高くなりますが、コンシェルジュと顔を合わせてサポートをしてもらえるため、信頼関係が築きやすく、安心して婚活がすすめられますよ。

 

YUKA
「お金はかかっても、安心して婚活したい」という方はパートナーエージェントが良いですが、コスパや手軽さを重視する方は、スマリッジがおすすめです。

 

\ 公式サイトはこちら /

理想の相手が見つかる結婚相談所!

 

サポートで比較

サポート内容で比較すると、パートナーエージェントの方が手厚いです。

 

スマリッジパートナーエージェント
  • 専任アドバイザー制
  • お見合い日程自動調整システム
  • 証明書代行サポート(有料)
  • 相談はメール、電話で対応

【プレミアムプランのみ】

  • 独身証明書代行サポート
  • 専任アドバイザーによるリコメンド作成
  • フィードバック面談(入会1ヶ月後、活動開始後は3ヶ月毎に実施)
  • 月1開催の婚活セミナー
  • 専任アドバイザー制
  • 婚活設計
  • 紹介文作成
  • 定期面談(オンラインプランはビデオ面談)
  • プロによるお相手紹介(プランによる)
  • 相談は対面、電話、メールで対応
    (オンラインプランはチャット、ビデオ通話)
  • 婚活のプロによるウェビナー(オンラインプラン)

 

パートナーエージェントはプランによってもサポート内容が変わりますが、入会後に婚活のプランを立てたり、プロによるお相手紹介があるなど、サポートが充実しています。

 

スマリッジもプラミアムプランにすると、サポート内容が多くなりますが、それでもパートナーエージェントの方が手厚い印象です。

 

恋愛は苦手で結婚できるか自信がない…」という方は、プロがしっかり寄り添ってくれるパートナーエージェントが安心ですね。

 

しかし、マッチングアプリなどの経験者で「結婚願望のある独身の人と出会えれば、あとは自分でなんとかできる!」という方は、スマリッジの通常プランでも良いと思います。

 

紹介可能人数で比較

紹介可能人数で比較してみました。

 

スマリッジ約55,000名
パートナーエージェント30,459名 2021年2月1日時点

 

前述したとおり、スマリッジもパートナーエージェントも『コネクトシップ』という他社の結婚相談所会員と出会えるプラットフォームに加盟しているので、出会いのチャンスは多いです。

 

スマリッジとパートナーエージェントで会員数が違いますが、これは表示の仕方の問題かなと思います。

 

コネクトシップには約55,000名の会員がいるのですが、その中でも他社の結婚相談所と出会うことをOKしている人でないと、紹介してもらうことができません。

 

パートナーエージェントでは、紹介可能人数を表示しており30,459名となっていますが、スマリッジは総会員数しか公開していないので、実際に出会える人数は両社とも同じくらいだと思います。

 

YUKA
どちらに入会しても、たくさんの方と出会えるので、理想の結婚相手が見つかりやすいです♪

 

紹介数・お申し込み数で比較

紹介数・お申し込み数(1ヶ月に出会える数)で比較してみます。

 

スマリッジパートナーエージェント
紹介数通常プラン:最大4名
プレミアムプラン:最大6名
2〜8名
申し込み数10名5〜15名

 

スマリッジもパートナーエージェントも、プランによって1ヶ月に出会える人数が変わってきます。

 

また、スマリッジは機械でマッチングした人を紹介してくれるのに対し、パートナーエージェントではプロが選んでくれたり診断によるマッチングなど、さまざまな視点から相性のいい人を選んで紹介してくれます。

 

YUKA
お相手に対する条件がはっきりしている方はスマリッジでも良いですが、どんな人が相性が良いのか分からないという方は、パートナーエージェントの方が出会いやすいはずです!

 

年齢層で比較

どんな年齢層の人が使っているのか見ていきましょう。

 

スマリッジの年齢層

スマリッジの年齢層

 

スマリッジの年齢層は、男性は20〜40代まで幅広く、女性は20〜34歳のアラサー世代が多いです。

 

YUKA
一般的な結婚相談所よりも、年齢層が若い印象です。
費用がリーズナブルなので、若い世代でも入会しやすいという理由もありそうです。

 

詳しくは「スマリッジの年齢層はどのくらい?出会いやすさを性別と年代別に分析!」でまとめているので、参考にしてみてください。

 

パートナーエージェントの年齢層

 

パートナーエージェントの年齢層

パートナーエージェントの年齢層は、男性は30〜40代、女性は30代が多いです。

 

男女ともに30代は出会いやすいと思います。

 

YUKA
スマリッジもパートナーエージェントも、メインの年齢層は30代ですね。

 

\ 公式サイトはこちら /

理想の相手が見つかる結婚相談所!

 

会員の特徴で比較

どのような会員がいるのか、学歴を比較してみます。

 

スマリッジ会員の学歴

スマリッジの会員の学歴

 

スマリッジの男性会員78.6%、女性会員66.6%が大卒以上です。

 

学歴だけでは結婚相手は決められませんが、社会的に信頼性のある人が多いので、安心して婚活できるのではないでしょうか。

 

パートナーエージェント会員の学歴

パートナーエージェント会員の学歴

パートナーエージェントの男性会員74.7%、女性会員の68.4%が大卒以上です。

 

YUKA
学歴に関しては、両社ともそれほど差はないですね。
「同じ学歴同士の方がうまくいきやすい」と言いますし、大卒以上の方は結婚相手が見つけやすいと思います。

 

実績で比較

両社のこれまでの実績を比較してみました。

 

スマリッジ
  • 入会から初お見合いまで平均1ヶ月
  • 成婚退会までの活動期間平均5.4ヶ月
パートナーエージェント
  • 1年以内に成婚した人65.6%
  • 成婚率27%

 

スマリッジは、初お見合いまで平均1ヶ月、成婚退会まで平均5.4ヶ月と、かなりスピード感がありますね。

 

パートナーエージェントは成婚率27%と業界No.1で、確実に結婚まで導いてくれる安心感があります。

 

YUKA
どちらにしても実績は高いので、信頼して入会して大丈夫だと思います。

 

保証内容で比較

最後に、保証内容で比較してみました。

 

スマリッジ3ヶ月間お見合いが成立しなければ全額返金保証
パートナーエージェント3ヶ月以内に出会いがなければ登録料を全額返金

 

スマリッジでは、3ヶ月間マッチングしなかったら入会費と月会費の全額返金になります。

 

パートナーエージェントでは、3ヶ月お見合いが成立いない場合、登録料を全額返金してもらえます。( コンシェルジュコース、エグゼクティブコース、アルティメットコースのみ)

 

パートナーエージェントのデータによると、入会から3ヶ月以内でのお見合い実施率は95.5%なので、出会いがない心配はしなくて大丈夫だと思いますが、万が一の場合は保証がついていて安心です。

 

YUKA
両社とも返金には条件があるので、気になる方は事前に公式サイトでチェックしてみてください。

 

スマリッジとパートナーエージェントは魅力が全く異なる

以上、スマリッジとパートナーエージェントを、8項目で比較してみました。

 

  • 費用がとても安い
  • オンラインでの婚活に特化している
  • メール、電話で相談できる
  • プランが2つあり、プレミアムプランの方がサポートが多い

 

  • 費用はそれなりに高い
  • 婚活設計からプロによる紹介まで、サポートが手厚い
  • 対面、メール、電話で相談できる(オンラインプランはチャット)
  • プランは従来の店舗でサポートを受けるタイプと、オンラインプランがある

 

スマリッジはコスパや手軽さが魅力で、パートナーエージェントはサポートの手厚さが魅力です。

 

YUKA
どちらに入会するかはあなた次第ですが、個人的には『スマリッジ』が良いかなと思ってます。
とにかく費用が安くてリスクが少ないですし、気軽に真剣婚活ができるからです♪

 

昔は結婚相談所といえば、最後の砦と思われていましたが、最近では若い人でもマッチングアプリなどを使わずに結婚相談所を利用する人が増えているのだそうです。

 

結婚したい人同士で出会えて、「この人結婚願望あるのかな?」など詮索しないで済むので効率的ですよね。

 

年齢を重ねるごとに結婚できる確率が下がってしまいますし、婚活はスピード勝負。

 

YUKA
未来のパートナーが、あなたのことを待っているかもしれませんよ♪

 

スマリッジの登録は5分ほどでできますよ。

 

パートナーエージェントの無料カウンセリングは、店舗で受けるかオンラインでも可能です。

 

カウンセリングをしたからといって、無理に勧誘されるわけではないので、安心してくださいね。

 

\ 公式サイトはこちら /

理想の相手が見つかる結婚相談所!

 

 

スマリッジとパートナーエージェントの共通点や違いをわかりやすく解説!
Twitterでも恋愛情報をつぶやいています。
>おトクに入会できる結婚相談所はご存知ですか?

おトクに入会できる結婚相談所はご存知ですか?

結婚相談所各社では、お得に入会できるキャンペーンや割引があるんです。せっかく入会するなら、少しでも安い料金で入会したいですよね!キャンペーンで割引になっている結婚相談所をまとめているので、チェックしてみてください♪

CTR IMG