親のために結婚したい人へ!後悔しないための注意点と婚活の進め方

親のために結婚したい人へ!後悔しないための注意点と婚活の進め方

自分はそこまで結婚したいと思っていなくても、親が結婚を望んでいる場合「親のために結婚したほうがいいのかな?」と考えている人もいますよね。

 

私も、親のためというか親戚のために結婚したいなと強く思っていました。

結婚することで皆んなが喜んでくれるのが分かっていたし、何よりも今までの恩返しをしたかったからです。

 

でも結婚をする上で最優先なのは、親の気持ちよりも自分の気持ちだと思っています。

親としては、結婚してほしいというより幸せになって欲しいというのが本心なはず!

 

ということで今回は、親のために結婚したい人へ、後悔しないための注意点と婚活の進め方についてお話します。

 

親のために結婚するのはアリ?ナシ?

親のために結婚するのはアリ?ナシ?

 

そもそも親のために結婚するのはアリ?ナシ?

 

私の個人的な意見では、きっかけは「親のため」でも良いのかなと思っています。

結婚は家族も関わってくることなので、できれば親にも認めて欲しいですしね。

 

でも「親のため」が一番の理由になるのは、ちょっと違うのかなと。

 

結婚願望がないのに結婚するのは違いますし、人生を左右する一大イベントを自分のためではなく誰かのために決断するのはおかしな話。

結婚に関わらずですが、何事も自分で決断しないと、何か問題が起きた時に他責にしてしまうんですよね。

 

 

結婚は自分が幸せになるためにするものであって、親の幸せのためにするものではありません。

なので、「自分が結婚して幸せになる!」そう思った時に結婚するのが望ましいです。

 

 

幸せを考えた時に、このように結婚を選ばない人もいます。

自分はどうしたいのか?が、大切ですね。

 

実際に親のために結婚した人のエピソード

実際に親のために結婚した人はいるのか調べてみたところ、いくつかエピソードを発見できたのでご紹介したいと思います。

良いエピソード

私の友人の姉がそうでした。
当時付き合っていた、ホントに好きな人は長男だから実家に入らないといけないらしく、
長女のお姉さんは自分の両親の面倒を見るのに実家を離れられないので当時の彼氏と別れたらしいです。

その後、婚活して地元の人一昨年結婚しました。
今は子供も生まれて実家暮らしで幸せそうです。

お姉さん曰く、親のためっていうけど結局は自分のためだから後悔してないよ。
って言ってます。

 

悪いエピソード

親の為に結婚しました。
幸せな日なんて なかった。

 

つき合っている人との結婚を父が望み、式を盛大に挙げました。
その後、父が他界し夫との喧嘩の度に言われました「オヤジさんがしろっていうから結婚してやったのに、オヤジさんに頼まれなかったら結婚なんてしなかった」今は離婚しました。
きっかけが親なら、親がいなくなったら意味がないそうなので。

 

「親のために結婚」で後悔しないための注意点

親のことを想うのはとても素晴らしいのですが、「親のために結婚」をして後悔する人も少なくありません。

後悔しないためには、こちらの2点に注意しましょう。

 

  • 自分より親の価値観を優先して結婚しない
  • 親が一緒に婚活をしない

 

自分より親の価値観を優先して結婚しない

結婚に対する価値観は人それぞれで、いくら親子とはいえ完全に一致することはないので、自分の価値観を抑えてまで親の価値観を優先してはいけません。

 

例えば親は、公務員で安定した収入があり真面目な人と結婚して欲しいと思っていたとします。

でも自分は相手の職業にこだわりがなく、相思相愛の人と結婚したい!という希望があった場合、どちらを優先するべきでしょうか?

 

確かに親が言っていることは正しいと思いますが、公務員で真面目だったとしても相思相愛ではければ自分は幸せになれないですよね。

 

そもそも親と自分は生きている時代が違うわけなので、価値観が違うのは当たり前。

親の時代は公務員がよかったとしても、今はそうとは限らないですしね。

 

それに親の価値観を優先して結婚し、後々問題が起きた時に絶対に親のせいにしてしまうはず。

 

「不幸になってしまったのは親のせい!自分は悪くない!」

そんなふうに思いたくないですよね…。

 

親が一緒に婚活をしない

親が自分の子供を心配して、結婚相談所に勝手に登録をしてしまうという事例もあるようですが、婚活は親と一緒にするものではありません。

 

子離れできていない親と、親離れできていない子…

それでは相手から煙たがれるのは目に見えていますし、たとえ結婚しても親が干渉してくる結婚生活なんてうまくいかないのです。

何をするにも親が出てきては、お相手との信頼関係はいつまで経っても築けません。

 

婚活のきっかけは親のすすめだったとしても、自分の意思で自分の力で婚活をするべきだと思います。

 

親のために結婚したい時の婚活の進め方

親のために結婚したい時の婚活の進め方

 

注意点を踏まえ、親のために結婚したい!と思った時の婚活の進め方について。

今はそれほど結婚願望がなくても、婚活を始めることで気持ちが変わることもあるので、一歩ずつ行動してみることをおすすめします。

 

  • 親の結婚に対する価値観を把握しておく
  • 自分にとっての結婚観を考える
  • 実際に出会いに行ってみる

 

親の結婚に対する価値観を把握しておく

まずは親の結婚に対する価値観を把握しておきましょう。

 

その価値観を全て結婚相手に反映する必要はありませんが、考えを聞いておくことは大事だと思います。

できれば親に喜んで欲しいですからね!

どういう人と結婚して欲しいのか、どういう結婚生活をして欲しいのか、親の意見も参考にしてみると良いですよ。

 

自分にとっての結婚観を考える

そして一番大事なのは、自分にとっての結婚観を考えることです。

 

親と意見が違っても、もちろんOK。

お互いの価値観を擦り合わせていくことで、理想がより明確になっていくはずです。

 

自分はどんな結婚を望んでいるのか?そもそも結婚したいのか?どんな人をパートナーにしたいのか?など、とことん向き合ってみましょう。

 

なかには「そこまで結婚したくない、独身でも幸せだ!」という人もいると思いますが、それはそれで良いのではないでしょうか。

自分の幸せに気付ければそれで良し!

 

実際に出会いに行ってみる

婚活をすすめていくなかで価値観は変化していくものなので、最初からバッチリ結婚するぞ!と意気込まなくても大丈夫です。

 

ただし考えているだけでは何も変わらないので、とりあえず実際に出会いに行ってみましょう!

 

すぐに出会える婚活パーティーや、好きな時に気軽にできるマッチングアプリ、本格的にアドバイスをもらいながら結婚を目指せる結婚相談所など、自分に合う方法を選んでみて下さいね。

参考:何から始めよう?婚活サービスの種類とそれぞれのメリット・デメリット

 

実際に出会ってみたら、理想とは全く違う人のほうが一緒にいて楽しかったり、新たな発見もあると思います。

ぜひ楽しみながら婚活をスタートしてみましょう♪

 

まとめ

親のために結婚したい人へ、後悔しないための注意点と婚活の進め方についてお話しました。

 

きっかけは「親のため」でも、実際に結婚を決意するのは自分の意思であるべきです。

自分が納得して結婚をし幸せになることが、本当の親孝行だと思います。

 

もし少しでも結婚願望があるなら、一歩踏み出して行動してみましょう!

  • にほんブログ村 恋愛ブログへ
親のために結婚したい人へ!後悔しないための注意点と婚活の進め方
フォローして最新情報をチェック!