料理できない女が婚活で損する理由4つ【良い人を逃してる】

婚活で料理できないのは不利?得意じゃない女性のアピール方法
悩める女性
婚活で料理できないのは不利ですか?あんまり得意じゃないんだけど…勉強した方がいいのかなぁ。

 

料理ができないと、婚活で男性から相手にされないのでは?と不安になってしまいますよね。

 

私も料理が苦手だったので、引け目を感じながら婚活をしていました…。

 

しかしそれでも結婚できたので、料理はできなくても大丈夫!と言いたいところなのですが、婚活ではかなり損します。

 

料理は絶対できたほうがいいですし、嘘にならない程度の「できますアピール」はしたほうがいいです!

 

では、

なぜ婚活で料理ができないと不利なのか?

料理が苦手な女性が、ステキな男性を見つけて結婚するにはどうしたらいいのか?

ということを、この記事では深掘りしていきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

婚活では料理ができる女性が有利!

婚活で料理できないのは不利?【結論:少しでもできた方がいい】

 

料理ができなくてもOKという男性もいますが、できないよりできたほうが、婚活では確実に有利です!

 

その理由は以下の3つになります。

  • 奥さんにご飯を作ってもらいたい男性が多数
  • デートにつながりやすい
  • 結婚生活で自分が困らない

 

奥さんにご飯を作ってもらいたい男性が多数

なんだかんだ、奥さんにご飯を作ってもらいたい男性は多いです。

 

よく「男は胃袋でつかめ」といいますが、料理が不味いよりは美味しい方が誰だって嬉しいですからね。

 

私の友人は、2回目のデートで手作り弁当をもっていったのをきっかけに、お付き合いがスタートし結婚しました。

 

家事をシェアする夫婦が増えているとはいえ、まだまだ女性が料理を作る家庭が一般的です。

 

ゼクシィの調査でも、結婚後に奥さんが料理を作る割合が多いとデータが出ています。

 

奥さんに料理を作ってもらいたい男性は多いから

出典:ゼクシィ公式サイト

 

「料理を妻が多めに作る」は37.9%、「ほとんど妻が作る」は36.9%です。

 

このため、ほとんどの男性は、料理がまったくできない女性との結婚をイメージすることができないんです。

 

YUKA
料理ができたほうが、男性から結婚相手として見てもらいやすいということですね。

 

デートにつながりやすい

婚活では、好きな食べ物や料理がきっかけで、デートに繋がることも多いです。

 

今度〇〇食べに行きましょう」と誘ってもらいやすくなったり、「〇〇さんの料理食べてみたいなー」なんて言われてイイ感じになることもあります。

 

食欲は人間の三大欲求のうちの1つ。

 

YUKA
得意料理をアピールすれば、結婚後を妄想して男性のテンションが上がること間違いなし!

 

結婚生活で自分が困らない

婚活で男性にいい印象を与えられるだけではなく、結婚後の自分のためにも料理はできた方がいいです。

 

結婚は生活でもあるので、食事は避けては通れない問題。

 

毎日コンビニ弁当、スーパーの惣菜、外食、デリバリーというわけにはいきません。

 

YUKA
お金がかかりますし、健康にもあまりよくないですよね。

 

仮に高収入の男性と結婚したとしても、毎日外食というのは現実的ではないように思います。

 

毎日仕事で忙しいからこそ、家でゆっくりと奥さんとの食事を楽しみたいという人も多いでしょう。

 

セレブ奥様はプロ並みの料理の腕前をもっていたりしますが、影で努力をしているからこそ、旦那さんから愛されるのかもしれません。

 

料理できない女が婚活で損する理由4つ

料理ができないと婚活でどう思われる?

 

料理ができないと、婚活で男性から悪いイメージを持たれてしまうことが多いです。

 

具体的には、下記のように思われてしまったりします。

  • 自立してなさそう
  • 結婚生活が心配になる
  • 健康管理をしてなさそう
  • 食費がかかりそう

 

自立してなさそう

料理ができないと、「自立してなさそう」と思われてしまいがち。

 

とくに実家暮らしの場合は、その傾向が強いといえます。

 

なんでも親にやってもらってるんだな、自分では何も出来ないんだな、と思われたら終わりです。

 

仮に一人暮らしだったとしても、料理できないでどう生活してるの?と不安要素になることは間違いありません。

 

友人に、1人暮らしで料理を全く作らずコンビニのパンが主食の子がいますが、女の私から見ても心配になります。

 

自立していないのは婚活では死活問題で、自分のこともしっかりできない人と、結婚したいと思う男性はいないですからね…。

 

YUKA

本当は自立していないわけではなくても、料理ができないだけで、そう思われてしまうのはもったいないです。

 

結婚生活が心配になる

「料理が苦手で…」と言った瞬間、男性の頭の中に浮かぶのは「ちゃんと結婚生活できるのかな?」です。

 

優しい男性なら「そうなんだ〜、苦手な人もいるよね」なんて言ってくれるかもしれませんが、心の奥底ではどう思っているか分かりません。

 

私も夫と付き合ったときは「料理はできなくていいからね」なんて言っていましたが、いざ結婚したら「味がヒドイ」なんて言われることもありましたからね。

 

YUKA
出会って間もない頃の「できなくても大丈夫だよ♪」の優しい言葉は信用しちゃダメ。

 

特に婚活では、同時進行でいろんな女性とやりとりしていることも普通なので、もし他に料理が得意な人がいたら…

 

結果は言うまでもありませんよね。

 

健康管理をしてなさそう

なかには「健康管理をしてなそう」と連想する男性もいるかもしれません。

 

普段食べているものが自炊したものでなければ、カップラーメンやコンビニ弁当ばかり食べているのかな?と想像するのは自然な流れですし、そうなると健康管理ができていないと思われる可能性もあります。

 

健康管理ができていないということは、病気はないかな?健康な赤ちゃんが産めるのかな?などと考えることもあるでしょう。

 

健康な赤ちゃんと言われると、女は子供を産む道具か!と怒る人もいるかもしれませんが、真剣に結婚を考えているからこその発想だと思います。

 

YUKA
不健康そうな人よりも、健康そうな人を好きになるのは人間として当然ともいえます。

 

食費がかかりそう

なによりも、「食費がかかりそう」と心配する男性も多いはず。

 

結婚したら出来合いの惣菜や、外食がメインの食生活になり、コストが余計にかかってしまいます。

 

結婚を考えていれば、金銭感覚が合うかどうかは気になるものです。

 

そんなことを気にするのは低収入の男性だけでは?と思いがちですが、意外と高収入の男性ほどお金にシビア。

 

ケチケチしているということではなく、お金を大切にしている人が多いということです。

 

YUKA
きちんと金銭管理ができる人と思われたいなら、自炊しているアピールをしたほうがメリットが大きいのです。

 

料理ができない女性が結婚する方法

料理ができない女性が結婚する方法

 

ここからは、料理ができない女性が結婚する方法を紹介します!

 

料理ができない女性が結婚する方法


  1. 料理しなくてもOKな旦那さんを見つける
  2. 他の家事スキルを身につけてアピールする
  3. 料理を学んで理想の旦那さんをゲットする

 

料理しなくてもOKな旦那さんを見つける

料理しなくてもOKな旦那さんを見つければ、結婚は可能です。

 

例えば、このような男性です。

  • 外食でもいいと思っている
  • 料理にこだわりがなく、食べれればなんでもいい
  • 料理好きで自分で作れる

 

確実なのは、プロフィールに「料理好き」と書いてある男性を見つけること。

 

このような男性なら喜んで毎食作ってくれたりします。

 

ペアーズ」などのマッチングアプリでは、「男だけど料理します」などのコミュニティーがあり、簡単に料理好き男子をみつけられますよ。

 

YUKA
結婚後は料理を作りたくないし勉強もめんどくさいなら、料理好きの男性を見つけましょう。

 

他の家事スキルを身につけてアピールする

他の家事スキルを身につけて、アピールする方法もあります。

 

掃除や洗濯、家計の管理などができれば、自立していないとは思われないでしょう。

 

ただし、親が同居している環境で家事スキルを身につけるのは難しいので、実家暮らしの人は一人暮らしを検討したほうがいいかも。

 

家事なんてできるよ!と思っていても、一人暮らししたら全然できてなかった…と気づくはず。

 

YUKA

料理を学ばずにアピールしたい方は、せめて他の家事スキルを身につけましょう。

 

料理を学んで理想の旦那さんをゲットする

ベストなのは、料理を作れるようにすること。

 

料理が上手になれば、出会う男性の質は確実に上がります。

 

人は鏡といいますが、自分の魅力がUPすれば、それにふさわしい人が引き寄せられてくるのです。

 

YUKA

私も超がつくほど料理嫌いでしたが、結婚のことを考えて勉強していたので、見捨てられずに済んだのだと思います(笑)おかげで理想以上の夫と結婚できて最高に幸せです♪

 

ステキな男性と結婚したい方は、今からでも料理を学んでみてはどうですか?

 

ハードルを下げて簡単なものから作る

いきなり豪華な料理を作ろうとすると挫折してしまうので、ハードルを下げて簡単なものからチャレンジしてみましょう。

 

料理だと思うものはどれですか?のアンケートによると、「餃子やしゅうまいの皮、カレーのルーは市販のものを使う」が上位を占めているので、スパイスから作る必要はないのです。

 

ハードルを下げて簡単なものから作る

出典:PRTIMES

 

料理本は、簡単と言いつつ初心者には難しいレシピも多いので、個人的には「クラシル」や「クックパッド」などのアプリを参考にするのがおすすめです。

 

材料が少なく、工程も簡単なものが多いです!

 

毎日のお弁当を作る

料理は場数が大事!ということで、毎日のお弁当を自分のために作るのもいいと思います。

 

お弁当を毎日作れば、料理に慣れるだけではなく、バランスよく食材を選ぶ知識も学べます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

もち(@mendokusagari_ningen)がシェアした投稿

 

YUKA
私は節約を兼ねてお弁当を作っていましたが、最初は作るのが大変でも慣れれば苦でなくなってきます。

 

冷凍食品も混ぜてしまっていたので、ちょっと反則といえば反則かもしれませんが、できる範囲で続けていくことが大事だと思います!

 

料理教室でいっきにスキル習得する

とはいっても、1人で料理をするのは想像以上に大変だったりします。

 

料理のメニュー決め、材料の買い出し、レシピを見ながら格闘、余った野菜たちどうしよう…など。

 

ましてや、冷蔵庫にあるもので作るなんて高度なスキルはないので、考えることがたくさんあって頭はパニックです。

 

なので、もしお金をかけてもいいなら、料理教室に通ってしまったほうが習得が早いと思います。

 

 

料理教室で有名な『ABCクッキングスタジオ』は、男女でレッスンを受けられるので、もしかすると男性生徒との出会いもあるかもしれません!

 

» ABCクッキングスタジオの公式サイトを見る

 

ただ、ABCクッキングはたくさんの生徒とレッスンを行うので、あまりスキルが身につかないという口コミも多いです…。

 

お金を無駄にしたくない!確実に早く料理ができるようになりたいなら、マンツーマンレッスンの『ライザップクック』が良さそう。

 

通常、まともに料理ができるようになるまで最低1年はかかりますが、ライザップクックなら2ヶ月で料理スキルが身につきます。

 

YUKA
2ヶ月で料理ができるようになれば、いざステキな男性とデートするときに、料理を振る舞うことができますね♪

 

» ライザップクック公式サイトを見る

 

料理の腕前が上がれば出会う男性の質も上がる!

婚活だけではなく結婚後のために料理はできた方がいい

 

料理はできなくても結婚できますが、腕前が上がればもっとステキな男性と結婚できる可能性が高くなります。

 

料理を学べば10人中6人とお見合いができ、今のままだと10人中2人としかお見いできないかもしれません。

 

YUKA
料理は幸せな結婚をするための自己投資!
お金をかけてでも勉強する価値はあります。

 

20代なら外見を磨いておけば男性がホイホイやってきますが、本当に良い男性は外見だけではなく内面を重視するもの。

 

魅力ある女性になり、幸せな結婚をしたい30代の方は、料理を学んでみてはいかがですか?

 

ライザップクックなら最速で料理の腕を上げられるので、早く結婚を叶えられるかもしれません♪

» ライザップクック公式サイトを見る

 

>婚活は正しい方法で始めよう!

婚活は正しい方法で始めよう!

結婚したいけど「婚活の始め方がわからない」「何からすればいいの?」という方に向けて、『婚活のやり方マニュアル』を作りました。婚活の始め方から結婚までの流れを幅広く解説しています。婚活しているけど上手くいってない人も参考になると思います♪

CTR IMG