【人見知りな女性向け】マッチングアプリ自己紹介の書き方【例文あり】

悩める女性
私人見知りなんだけど、マッチングアプリの自己紹介はなんて書けばいいんだろう?
こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • 人見知りな性格はネガティブ要素ではない
  • 人見知りな女性向け:マッチングアプリの自己紹介の書き方
  • 人見知りの女性が自己紹介を書く時の注意点

 

ゆか
この記事を書いてる私は、6年の婚活後マッチングアプリで理想のパートナーに出会い、理想的な生活を実現しました。

 

私も生れながらの人見知りで、初対面の人にはなかなか心を開けないですし、警戒心が強く婚活で苦戦しました。

でも人見知りにはマッチングアプリはとても良いツールですし、自然な出会いからの恋愛よりも発展しやすいと思います。

 

まずは自己紹介文であなたの良さを伝えて、マッチング率を高めていきましょう。

人見知りな性格はネガティブ要素ではない

人見知りな性格はネガティブ要素ではない

 

最初にお伝えしておきたいのは、人見知りな性格はネガティブ要素ではないということ。

理由は3つです。

  • 恋愛に奥手な人を好む人が多い
  • 人見知りの人がたくさんいる
  • マッチングアプリは人見知りでも出会える

 

恋愛に奥手な人を好む人が多い

人見知り=恋愛に奥手とイメージする人が多く、恋愛に奥手な人は意外に人気があります。

男性でいうと、ドラマ「逃げ恥」の平匡さんのようなタイプですね。

 

つまり人見知りな女性は、男性からこんなふうに見られているんです。

  • 恋愛に奥手で浮気しなさそう
  • 真面目そうで結婚相手に向いてそう
  • 控えめで女性らしく、奥さんにしたい

 

恋愛対象というより、奥さんにしたいタイプといえるでしょう。

 

人見知りの人がたくさんいる

またマッチングアプリには人見知りな人がたくさんいるため、「自分だけ」と思わなくてOK。

私の友人でも、合コンに行ったら全然喋らないのにマッチングアプリをしている人はたくさんいます。

 

なので、人見知りを引け目に感じなくて大丈夫です。

 

ゆか
人見知りだから…と自信なさそうにしているのが一番よくないよ。

 

マッチングアプリは人見知りでも出会える

そしてマッチングアプリは、人見知りの人にぴったりなサービスです。

なぜなら写真とプロフィールさえよければマッチングできてしまうから。

 

いきなり直接会う必要もないですし、メッセージ交換をしながら徐々に関係性を深めていけるので、人見知りでも安心です。

 

人見知りな女性向け:マッチングアプリの自己紹介の書き方

人見知りな女性向け:マッチングアプリの自己紹介の書き方

 

具体的に自己紹介文の書き方についてお話していきます。

 

人見知りはオープンに書く

人見知りであることは、隠さずにオープンに書いてしまうのがポイントです。

 

自己紹介文で隠していても実際に会った時にバレてしまいますし、それなら最初から伝えておいたほうがイメージダウンしなくて済みます。

 

ゆか
自分もその方が安心できるし、相手も心構えができるからいいよね。

 

「趣味について」を多めに書いておくといい

自己紹介文に趣味について多めに書いておくと、メッセージのやりとりをする際に話が盛り上がるのでおすすめです。

 

人見知りの人は、相手と何を話せばいいか分からないという悩みがあると思うのですが、上記の対策をしておくことで解決できます。

 

マッチングアプリでは、仕事の話を熱く語ったり深い話をいきなりするわけではありません。

 

だいたいは趣味の話や休日の過ごし方など、たわいのない話題から仲良くなるのが定番です。

 

そこで相手と共通の趣味があるとすぐに意気投合できますし、趣味を通じたデートにも誘いやすくなるので、「趣味のプロフィール」を充実させると良いですよ。

 

自己紹介の例文

具体的に、自己紹介の例文をだしてみます。

 

人見知りについてを伝える例文

  1. 性格は少し人見知りなので、ゆっくりとお互いのことを知っていって仲良くなれれば嬉しいです。(仲良くなったらよく喋ります♪)
  2. 人見知りなので、初デートは緊張してうまくお話できないかもしれませんが、一緒に楽しい時間を過ごせたらいいなと思っています。

 

①の文章だと、同じくゆっくり距離を縮めていきたい人とマッチングすることができるはずです。

 

②の文章は、初デートに誘えるか不安な男性を安心させることができますし、デートのことまで想定してマッチングアプリをやっていることが伝わるので真剣度をアピールできます。

 

趣味についてを伝える例文

趣味は〇〇で、休日はよく〇〇して過ごしています。仲良くなったら一緒に楽しめたら嬉しいです。
最近は〇〇にも興味があるので、詳しい方がいたらぜひ教えてください♪

 

趣味を一緒に楽しみたい気持ちが伝えられますよね。

 

また興味のある趣味を記載しておくことで、その道に詳しい男性が「いいね」をしてくれる可能性が高くなります。男性は女性に何かを教えるのが大好きな生き物なので(笑)、遠慮なく「教えてください」と甘えてしまってOKです。

 

プロフィール写真は笑顔で撮ろう

自己紹介文も大事ですが、第一印象がダイレクトに伝わるプロフィール写真もこだわりましょう。

「人見知り」というと、「ちょっと暗い」などとイメージされてしまうため、そう思われないように笑顔の写真を載せるのがおすすめです。

 

私は1枚目に載せていた笑顔の写真で、彼をゲットしました。

自撮りではなく友達とカフェに行っている時の一枚など、自然なシーンだと好印象を持ってもらえます。

 

悩める女性
そんな良い写真あったかな…

 

そんな写真ないし、友達にお願いするのも恥ずかしいという方は、プロに写真撮影をお願いする方法もあります。

Photojoyは大手マッチングアプリと連携している写真撮影サービスで、マッチングしやすい写真を撮ってくれますよ。

 

人見知りの女性が自己紹介を書く時の注意点

人見知りの人が自己紹介を書く時の注意点

 

自己紹介を書く時の注意点が2つほどあります。

 

  • 文字数が少なすぎるのはダメ
  • 人見知りをネガティブに書かない

 

文字数が少なすぎるのはダメ

文字数があまりにも少なすぎると誠実さや真剣度が伝わらず、ヤリモクや既婚者などを引き寄せてしまうので気をつけてください。

 

例文に書いたような文章だけを載せるのではなく、仕事について・性格・恋愛や結婚観なども簡潔にまとめて記載しましょう。

 

人見知りをネガティブに書かない

また人見知りをネガティブに書くのはよくありません。

 

例えば

人見知りなので、あまり話すのは得意ではありません。たくさんお話ししてくれる男性だと助かります。

 

人見知りなので、なかなか心を開けないかもしれないです。
いきなり会うのではなくメッセージをたくさんして信頼関係が築けた方とデートしたいです。

 

このような文章だと、相手が「いいね」を躊躇してしまいますよね。

 

「デートで会話を盛り上げられるか不安だな…心開いてくれるまで大変そうだな…」と思われてしまいます。

 

人見知りを伝えておくのは大事ですが、自分の欠点として書いてしまうと「人見知りを直そうとする気がない人」「人見知りを受け入れてくれる男性を求めてる人」という印象も与えてしまうので気をつけましょう。

 

まとめ:人見知りをオープンに書いてしまおう

まとめ:人見知りをオープンに書いてしまおう

 

人見知りな女性向けに、マッチングアプリの自己紹介の書き方をご紹介しました。

 

人見知りをあえてプロフィールに記載しておくことで、自分も安心ですし相手も心構えをすることができます。

ただしネガティブな印象を与えてしまわないように、書き方には十分注意しましょう。

 

人見知りだけどそれをカバーしようとしていたり、相手に嫌な思いをさせないように文章で気遣いを見せられると最高です。

 

またプロフィール写真もマッチングアプリでは超重要なので、人見知り感満載の写真は載せないように!

内容が重複している部分もありますが、写真については婚活アプリは写真が重要!モテる写真の撮り方やポイント【女性版】にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

  • にほんブログ村 恋愛ブログへ
Twitterでも恋愛情報をつぶやいています。